萌え画集を買いました。父親には、単なるやらしいマンガにしか見えないらしいです。

実は萌え画を、描こうかと思っていたのですが、某スクールによると、萌え画だけでは仕事としては厳しいのではないかという事でした。
一見需要がありそうで、描く人も多いのでしょうか、因みに家族の了解を得るのも大変な分野であり、これは恥ずかしいと思うであろうというものが、隠されてあったり、何とも人は60をこえると、とても、若いものについていけなくなっているようです。
にしても、家族のイメージが悪すぎて困りましたが、ちょっと前まで、レンタルおばさんの方に関心がいっていました。
レンタルおばさんに、ハグさせてもらいたいなあと、結構思っていましたが、今は虚しいに終始するでしょうか。
こういう萌えもそうですが、突飛な発想になる場合、大体、世間の問題を忘れる事が多いのですね。
ある種では妄想か現実を忘れるという事でしょうか。
何だかと思ってしまいますが、残念です。